記念硬貨は古銭買取店に売却できます

イベントごとに発行される記念硬貨が存在していますが、長期間にわたって持ち続けた結果として手放そうと感じている人もいるでしょう。いざ記念硬貨を手放そうと考えたときに、どのようにして処分すれば良いのか迷ってしまうケースもあると思います。記念硬貨の中にはコレクターにとって高い価値を持っている品物がありますので、そのまま捨ててしまうことは勿体ないです。売却するとしてもコインを取り扱っているショップや質屋は、専門的な硬貨の知識を持っていない可能性がありますので、古銭買取をしている業者を探すことがおすすめです。古銭買取店であれば専門知識を持っている鑑定士によって、正しく鑑定をしてもらうことが可能となりますので、自分が手放そうと思っている硬貨について正確な買取価格を提示してもらえます。品物によっては思わぬ価値を持っていることが多いですので、査定を受けてみてから売却するかどうかを検討してみると良いでしょう。多くの業者では無料で査定が行われていますので、価値を調べる意味のために査定を受けることもできます。査定で導き出される価値はそれぞれの業者によって変わってくることが多いですので、ホームページなどを確認して目安の価格を事前に調べておくことがおすすめです。記念硬貨を取り扱っている古銭買取店には、電話相談やメール査定、ホームページ上に設置されている査定フォームに様々な情報を入力して行われる査定などを実施しているところがあります。必ずしも店舗まで品物を持ち込まなければ査定が受けられないということはなく、様々な方法で品物の買い取り価格を聞くことが可能なシステムとなっている業者が多いです。鑑定士に直接判断してもらいたいときには、主張査定の依頼をすることで自宅まで業者のスタッフに来てもらうことが可能です。直接対面して査定を受けることで、なぜそのような価格になるのか説明を受けることができる点や、交渉を直接行えるなどのメリットがあります。たくさんの硬貨を一気に処分したいと考えているときに出張買取の方法は便利で、大量の古銭を自分で運ぶ手間を省くことができます。また、業者側としてもたくさんの品物を1回の出張で買い取れることはメリットが大きいですので、査定価格を引き上げてくれることも考えられます。まとめて売却することで査定額をアップしてくれることをホームページに掲載している業者もありますので、お得な業者を探して売却することで資金を手に入れることに繋げられます。
古銭商をチェックするならこちらから

タグ ,

天保通宝の古銭買取について

天保通宝と言うお金があります。このお金は江戸時代末期の天保時代である1835年から明治時代の初中頃である1891年にかけて多く流通したお金になります。小判のような形をしていますが、小判とは価値が異なります。お金の中心部に正方形の穴が開いています。割とずっしりとしたお金で、10枚も持つとそれなりの重さになるでしょう。
このお金の表側は天保通寳と書かれています。裏面を見ると「當百」と書かれており、そのした辺りに蝶のマークのような物が描かれています。しかし、これは蝶のマークではなく、そのお金を使った後藤家の花押になります。このお金の質は銅製になっています。当時から銅製のお金は決して珍しい物ではありませんでした。
天保通宝の当時の価値はどれくらいでしょうか。江戸自体当時、丸形のお金である寛永通宝という大流通したお金がありました。寛永通宝は1つで1文と5文がありました。5文の方は裏に「文」の文字が書かれていますが、1文の方はなにも書かれていません。古銭買取業者でも見かけるこの1文の寛永通宝を80枚5文の寛永通宝を16枚集めるとようやく天保通宝と交換できると言われていました。ちなみに当時そば一杯が10文ほどでした。

そば1杯が10文だとすれば、天保通宝で8杯食べることができることになります。現代で言うところの4000円から5000円ぐらいの価値があったということになります。では、実際に現代のお金に直すとどれくらいの価値があるのでしょうか。『古銭が出てきました。天保通貨と書かれていて」という人がいた場合、天保通宝の価値を知っておくと何かと便利です。
一般的な古銭買取業者の場合は、100円から6000円ぐらいで買い取ってくれます。ただし、母銭の場合には5万円ぐらいで買取をさせるのが普通になります。100円から6000円と幅が広いのは、まず保存状態がいいかどうかによって変わってきます。保存状態が良くきれいなものや傷がほとんどついていない物であれば割と高価に取引きされる可能性があります。また、幕府が作った物と藩が作ったものがあります。本来幕府で作っていましたが、重さの割には価値があるため、少しの銅で価値のあるお金を作ることが出来たため各藩でも作り、資力を蓄えていったと言います。各藩のものは数が少なくそれなりに高い取引額になる可能性があります。
いずれにしても天保通宝はぼちぼち価値のある古銭ですので、複数の業者に見積もりをしてもらいましょう。

タグ ,

旧硬貨の古銭買取価格は幾らになるか

古銭に興味がなくても、旧硬貨の価値に興味を持つ人は少なくないでしょう。
旧硬貨は今でも使える物が多いので、額面以上の値が付くことは稀ですが、それでも掘り出し物が見付かる可能性は否定出来ません。
旧硬貨の価値を知りたい時は、古銭買取に持ち込むのが一番で、店頭なら直ぐに額面以上の価値があるか、詳しく知ることが可能です。
古銭買取といっても、歴史のある小判であったり、現代では使えない商品を重視して取り扱っている店舗もありますから、対応したお店を選ぶことが必要です。
旧硬貨を査定に出す場合は、事前に硬貨の標準的な価値を調べたり、高値が付いた時の目安を知っておくことがおすすめです。
発行枚数の多い旧硬貨は、期待し過ぎれば理想と現実のギャップに落ち込んでしまいますし、売却して利益を得る計画は水の泡になりかねません。
前もって一般的な価格を把握しておけば、落差に落胆することはなくなりますから、過剰な期待を抱かない為に、現実的な価値を知ることが大切です。
少なくても、硬貨の価値が額面より下がることはないので、最低限幾らで売却出来るか検討することは可能でしょう。
現在の平均的な評価だけではなく、掘り出し物の可能性であったり、評価額を合わせて調べておけば、適度な期待感で査定を受けられるようになります。旧100円硬貨はいくらの価値がありますかの質問では、旧硬貨に関する現実的な答えと、古銭買取の可能性に関して回答されています。
回答者によって、旧100円硬貨の評価額は違いますが、大抵は現実的な答えが回答の中心になっています。
現実的な回答では、旧100円は発行数が多く、希少価値はあまりないので、大量に持ち込めば査定が拒否されると可能性もあると答えています。
またある人は、良くて120円程度、未使用かつ美品であれば、200円の価値が期待出来るとの見解を持っています。
ただ、旧高価の中でも発行枚数が多いので、厳しく査定される可能性は高いと考えられます。
一方で、地金として見れば、300円の価値はあるという意見も存在しますが、これは希望的観測が強い見解といえるでしょう。
現在も通用する旧硬貨であることを考慮すると、溶かして地金にするのは不可能ですから、やはり期待し過ぎないで査定を受けることが現実的です。
古銭買取の専門家であれば、正しい商品価値を調べてくれるので、その結果に間違いがある可能性は低く、限りなく正確な価値の評価が行われます。
売るかどうかは、結果を知ってから判断出来ますし、現金化を求めて売却を検討したり、値が上がるのを期待して保有を続ける選択肢も得られます。

タグ ,

その古銭買取、もっといい値段になるかも!?

古銭コレクターでなくても、「家を片付けていたらもらい物の記念硬貨や記念コインが出てきた」とか、「ひいおばあちゃんの遺品整理をしていたら古い財布から見たこともないような古い紙幣や硬貨が出てきてびっくり」ということはあるものです。もちろん、「以前はコレクションしていたけれど、もう趣味が変わったので手放したい」ということもあるでしょう。
古銭買取業者に依頼しようと思うきっかけはさまざまですが、古銭の買取価格というのは、もちろん状態の良し悪しや希少価値や相場によるところが大きいものの、それだけではありません。買取業者それぞれによって、得意とするところ、つまり「強み」が異なるのです。「古銭」として買取対象となるものは、古い時代の硬貨や紙幣、博覧会や記念行事の際に限定製造された記念硬貨や記念メダル、あるいは流通していた場所が限定される地方貨幣、江戸時代やそれ以前の大判小判、さらに外国のコインや紙幣まで多岐にわたります。そのため、買取店の流通ルートによって「大判小判なら他店より高く買い取っている」とか「外国コインならこの店の値段がダントツに高い」など、同じ古銭でも値段が大きく異なる場合があるのです。せっかくの「お金」ですから、少しでも高く買い取ってもらいたいですね。そのためのコツをご紹介しましょう!コインや古銭によっては、鑑定書などが手元にある場合もあると思います。鑑定書や付属しているものは、それらも一緒に(箱やケースに入っている硬貨や古銭であれば、そのままの状態で)古銭買取店へと持っていきましょう。傷は古銭の価値をぐんと下げてしまいますので、保管状態はとても重要なのです。
そして、よくありがちな間違いは、コインなどを少しでも美しく見せようとして、洗ったり磨いたりしてしまうことです。古銭に限らず、古い金属はとてもデリケートなので、磨いたりすると、きれいに見えても実際には細かな傷がたくさんついてしまい、買取価格が落ちてしまうのです。少しでも高い値段で査定してもらうためには、くれぐれも洗わない状態のままで持ち込んでください。
古銭の価値は買取業者ごとに査定が大きく異なるため、極端な例では、同じ紙幣に対する買取査定が、A店では2,000円、B店では10万円、というようなことも実際にあるのです。中には、高額な査定手数料をふっかけたり、その古銭に価値がないかのようなふりをして、相場より安い価格で買い取ってマージン利益を得ようとする不届きな業者もいます。まずは、信頼のおける古銭買取業者比較サイトでしっかり検討し、無料査定してくれる店で値段を教えてもらいましょう。その上で、買い取ってもらうか、手元で大切に保管するかは、あなた次第です!

タグ ,

蔵の中から出てきた古銭の価値

大掃除の一環として蔵の整理をすることで、古銭がみつかるという人もいるでしょうが、特に思い入れなどがなく、芸術性も感じないようであれば、買取業者に売ると良いものです。蔵の中から出てきた物をまとめて買い取ってもらえば、結構いい値になることもあるでしょう。
ただし、古銭だからと言って何もかも価値が高いとは限りません。中には、大して価値のない物もありますので、そういった物ばかりが蔵から出てきた場合は、残念ながら大したお金にはならないものです。
価値が決まるポイントとなることは色々とありますが、1つは状態の良さです。買取業者では、状態が悪くても買取自体はしてくれるものですが、買取価格が伸び悩んでしまうものです。
状態が良いと高価買取になりやすいですから、もし蔵の中からきれいな状態でみつかった物があった場合には、早めに売った方が良いと言えます。
また、収集家の減少に伴って、価値が下がっているということもありますし、限定で造られた金貨や明治から昭和の旧札などは、市場へ大量に流出しているため、価値が下がっているのが現実です。
ですから、自分にとって必要ないのであれば、どんどん価値が下がって行ってしまう前に売った方がお得と言えます。蔵の中から古銭が出てきた時には、状態が良いと高く買い取ってもらいやすいわけですが、肝心の古銭の価値が低ければ、いくら状態が良くても高価買取を実現させることはできないものです。
ポイントとなるのは年代で、同じ種類の物であっても、年代が違うと価値が変わることがあるのです。年代によって、まったく価値がなかったり、数百倍もの価値が出ることもあるなど、かなり変わることがありますから、どの年代の物だと価値が高いのか知っておくと役に立つことでしょう。
ちなみに、蔵の中から大正や昭和の時代の古いお金が出てきたという人がチェックしておくと良いのが、こちらの昭和の古銭の価値に関するページです。
このページを見て、わかる通り、1,000円ほどにしかならない物もあれば、10,000円以上の価値がある物もありますし、20万円程度の価値がある物というのもあるものです。
価値の高い物というのは、なかなか一般の家庭からは出にくいものでしょうが、塵も積もれば山となるという言葉もあります。ですから、蔵の中から大量に古いお金が出てきた場合には、すべて合わせることで、意外と良い金額になることも考えられます。
収集家の中には、大量に保有することを重視している人もいますから、需要はあるものです。

タグ ,

古銭買取りをしてくれる専門店について

家の大掃除をしていた時、今まで一度も片付けた事が無い蔵の中、屋根裏、床下から大量の古銭が出て来たという話を聞いたことがある人もいるかと思われますが、古銭は古い時代に流通されていたものから、昭和初期や明治及び大正時代の中で流通されていた貨幣などであり、専門店で査定を受ける事で高額な値段で古銭買取りをして貰えることも在ります。
尚、古銭と言うのは現在流通が行われていない貨幣全てを意味しており、現代の1000円札が発行される以前の1000円札も古銭となりますし、穴が開いていない5円玉や50円玉、図案が変更になる前の100円硬貨なども古銭であり、専門店に持って行く事で、硬貨や紙幣の状態、そして希少価値に応じた価格で買取りをして貰うことが出来ます。
通常は1000円の価値しかない1000円紙幣でも、専門店に持って行った場合、その1000円札が綺麗な状態で、しかも発行枚数が少なかったり、お札に記載されている通し番号の数字が全て同一のものなど、何らかの特徴を持つものである場合には、1000円以上の値段で買取りをして貰えることも在りますし、現行品の500円硬貨などについても発行枚数が少ない昭和62年の500円硬貨は希少価値が高いと言われているのです。昭和の時代と言うのは銭や厘と言う通貨単位が円に改正された時代でもあり、昭和初期の貨幣は1銭や10銭と言った通貨が流通されており、これらの通貨が変更になる事で従来の50銭紙幣や1円紙幣などが廃止となり、新しい貨幣が登場すると言った歴史を持つ時代でもあるのです。
古銭を集めている人も多くいますが、こうした時代から古銭を集めていた人の中には遺品として遺族が受け継いでいるケースも多く在りますし、遺品として受け継いだけれども古銭には興味が無く、処分方法を探した所、古銭商と呼ばれている古銭買取りを行ってくれる専門店が在る事を知り、専門店に古銭を持って行った所、高額な値段で売ることが出来たと言うケースも少なく在りません。
尚、古銭は価値を知る鑑定士が在籍をしている専門店に持ち込むことで高額での買取りが可能になりますし、最近の古銭商の中には店頭での買取り以外にも、宅配や郵送を利用しての査定買取りを行っている専門店も在れば、自宅に出張してくれて、その場で査定を行ってくれるお店も在るなど、ニーズに合う方法で古銭買取りをして貰うことが出来るようになっており、詳しくはコチラから!、を参照される事で買取りを行ってくれる専門店選びのコツを知ることが出来ます。

タグ ,

古銭を査定してもらうときの注意点

古くなったものやいらなくなったものなど、処分する際には捨てるという選択肢がありますが、買取りしてもらうという選択肢もあります。
買取りしてもらう場合には、古くなったものやいらなくなったものであるから売るということ以外にも、年月が経ち価値が高くなってきたため売るということもあります。
古くなって価値が出てくるものには骨董品などがあり、その一つに古銭があります。
しかしこれを査定してもらうときに重要なことは、希少性やものの状態がいいことが高額査定につながるためには必要な条件になります。
古銭を所持しており手放そうとしたときにどのくらいの値段になるのかは、査定をしてもらうまではわかりません。
また古いものであるため買取り価格ほとんどの店で同じようなものになると思うこともありますが、取り扱う店が違えば査定価格もまた変わってくるものになります。
そのため買取りをしてもらう場合には一つのお店で見てもらうのでなく、何軒かのお店を回り値段を出してもらうことが大切になってきます。
その際にはきちんと査定をしてもらうことはとても重要なことですが、見てもらうことにお金がかかる場所であると余計な費用が発生するため、無料の場所でみてもらうようにしましょう。古銭を売りたいと考えた場合に、どれが対象となるのかというとその名のとおり古いお金が該当することになります。
古いお金というのは現在では使用されていない貨幣や紙幣のことをいい、イベントの際に発行されたものや記念コインなども含まれることになります。
これらがすべて高額査定になるわけではなく、大量に生産されたものは流通している量も多くなるため査定ではあまり高い価格がつくことは少なくなります。
また有名な古いお金には大判や小判などがあり、金貨や銀貨なども高額で取引されるものになります。
しかしこのような古いお金も入手したときは状態がきれいであっても、その後の保存状態が悪ければ汚れたりボロボロになってしまうと、入手したときより価値が下がってしまいます。
そのため古銭など高額査定になりそうなものは、きちんとした保存を行いよい状態に保つことも重要なことになります。
保存方法が悪くカビが生えたり変色したりなどして洗ってしまうと、価値が下がってしまい売り物にならなくなるため自分で鑑賞するためにきれいにしたいと思ったとき以外には洗わないようにしましょう。
きちんとした保存をして、高額査定がでるようにしましょう。
詳しくはコチラから!

タグ ,